アクリルケースの【透明堂】ディスプレイケース・アクリルボックス・のオーダーメイド&販売

。レコードプレーヤーカバー・フィギュア・食玩・鉄道模型・ミニカーなどに

透明堂とは 会社概要 ご注文からお届けまで 免責事項 サイトマップ 
アクリルケース・アクリルカバーの透明堂/特注・イージーオーダーなど!
アクリルケースお買い物の前に
アクリルケース・ディスプレイケースのご購入
アクリルケース・アクリルカバーオーダーメイド
アクリルケース標準商品
大型サイズケース
オリジナル商品

アクリルケースコレクションケース・アクリルボックス・フィギュアケース


コレクションケース(コレクションボックス・アクリルケース・ディスプレイケース)のサイズ決定方法

コレクションケース(コレクションボックス・アクリルケース・ディスプレイケース)のサイズ決定方法
コレクションケース(コレクションボックス・アクリルケース・ディスプレイケース)のサイズ決定方法
大きさ決定方法板の厚み決定方法
コレクションケース(コレクションボックス・アクリルケース・ディスプレイケース)のサイズ決定方法
コレクションケース(コレクションボックス・アクリルケース・ディスプレイケース)のサイズ決定方法
コレクションケース(コレクションボックス・アクリルケース・ディスプレイケース)のサイズ決定方法
コレクションケース(コレクションボックス・アクリルケース・ディスプレイケース)のサイズ決定方法
コレクションケースを注文する際、迷ってしまうのが、大きさの決定方法です。飾る物の実寸法を測って、それを元にケースの大きさを決めるのですが、ケースの大きさを、飾るものとぴったりにすると、きゅうくつな感じになり、逆に余裕をとりすぎると、スカスカ感がでてしまいます。

飾る物とコレクションケースの間に適度な余白をつくることが、バランス良く見せるポイントです。透明堂では、コレクションケースの大きさを決定する際、目安として、次のような計算式を使っています。
アクリルケースコレクションケース・アクリルボックス・フィギュアケース
アクリルケースコレクションケース・アクリルボックス・フィギュアケースコレクションケースの
           幅(内寸)=飾る物の幅寸法 ×1.1+50(mm)
           奥行(内寸)=飾る物の奥行寸法 ×1.1+50(mm)
           高さ(内寸)=飾る物の高さ寸法 ×1.1+20(mm)
コレクションケース(コレクションボックス・アクリルケース・ディスプレイケース)のサイズ決定方法
これを元に寸法を決めているのですが、全てに適応はしていません。例えば、飾る物の大きさが100mm以下の小さな物の場合、50mmをプラスするのを20mmにしたりして調整しています。
また、壁掛けで使用する場合は、壁からの突き出しを少なくする為に、あえて、奥行き寸法はギリギリにすることもあります。見た目のバランスは感覚的なもので、個人差がありますので、あくまでも参考として下さい。実際に紙などに、原寸図を描いて、飾りたい物を置いてみると、よりイメージがわくと思います。 ドームタイプの原寸PDはこちらから確認できます
ドームタイプの原寸PDはこちらから確認できます>>


板の厚み決定方法
板の厚み決定方法
ケースの大きさが決まったら、次は板の厚みをどうするか、悩みますね。アクリル板には、様々な厚みの板があるのですが、透明堂では、当サイトにて販売するサイズのケースが、最も美しく見える厚みを3mm又は5mmと考えていますので、通常、この2種類の厚みからお選びいただきます。

では、どのように板厚を決定するかといえば、明確な基準はありません。
しいていうなら、予算、強度、好みの3点でしょうか。
3mm厚よりも5mm厚の方が、使用するアクリルの量が多いですから、当然、金額は高くなります。決して安い買い物ではありませんから、予算は重要な決定要因ですね。

次に、強度の面です。コレクションケースやコレクションボックスは、一般的にサイズが大きくなると、強度の面から、板厚を厚くする場合が多いです。予算がゆるせるのであるならば、縦・横・高さのいずれか1辺が450mmを超えるようなら、5mm厚を指定することをお勧めします。
だからといって、そのようなサイズは、必ず5mmにしなければならないかというと、そうでもありません、コレクションケースの一番の用途は、大切なコレクションをホコリから守ることでしょうから、ケースの上に物などを載せない限り、3mmでも十分強度はあります。

透明堂のイージーオーダーでつくれる最大サイズの、幅900×奥行500×高さ500mmサイズを3mmの板厚で作っても、強度的には問題がないことは、実証ずみです。
特に壁掛けとして使用する場合は、壁への負担をなくす為、極力、3mm厚を選ばれることをお勧め致します。

そして、個人の好みです。アクリル素材は、板厚が厚い方が、重厚な感じがして、より高級感があると言われます。ただし、100mm程度の寸法の小さなケースだと、逆に重たい感じがするかもしれません。こればかりは、人によって感じ方は様々なので、比較ページをを見ご覧の上で判断してください。
板の厚み決定方法
3mm、5mm板厚比較ページはこちら>>
板の厚み決定方法
上へ
アクリルケース・コレクションケース・アクリルボックス・フィギュアケース

サイト内検索

アクリルディスプレイケースについて
特注・オーダーメイドはこちら

透明堂ブログへ

アクリルケース・ディスプレイケースの透明堂フェイスブック

Facebookページ


透明堂は、ナグモプラ株式会社が運営・管理しています。
アクリルケース・ボックス・アクリルカバーのことなら
オーダーメイド・特注など何でもお気軽にお問い合わせください。

埼玉県越谷市東越谷3-2-24
TEL:048-965-3001 FAX:048-963-1271
お問い合わせはこちらまで