アクリルケースの【透明堂】ディスプレイケース・アクリルボックス・のオーダーメイド&販売

。レコードプレーヤーカバー・フィギュア・食玩・鉄道模型・ミニカーなどに

透明堂とは 会社概要 ご注文からお届けまで 免責事項 サイトマップ 
アクリルケース・アクリルカバーの透明堂/特注・イージーオーダーなど!
アクリルケースお買い物の前に
アクリルケース・ディスプレイケースのご購入
アクリルケース・アクリルカバーオーダーメイド
アクリルケース標準商品
大型サイズケース
オリジナル商品
透明堂のディスプレイケースは、アクリルというプラスチックで作られています。
見た目は、ガラスに似ているので、ついガラスと同様にお手入れをしてしまいがちですが、ガラスとは違いますので、お手入れ方法は注意してください。

一番の違いは、ガラスに比べて表面がやわらかいことです。その為、かわいたタオルなどで、何度もふくと、細かいキズが少しずつ付き、表面の透明度がなくなってしまいます。
やってはいけない事
乾いたタオルで拭かないで下さい。

表面に細かいスリキズができます。
ガラスクリーナー又はシンナーやアルコールで拭かないで下さい。

ひび割れがおこることがあります。
市販の静電気防止クリーナー等でふく。

ひび割れがおこることがあります。
おすすめお手入れ方法
水につけて、硬くしぼった、タオルで軽くふきとる。
 やわらかめのタオルだと良。
 台所用の洗剤を数滴たらした水を使用すると、静電気もとれます。
毛のようなホコリ取りで、軽くふき取る。

上へ


キズがついてしまったら
カバーの透明部分についた細かいキズなら、別売の研磨剤にてとることができます。
Tシャツなどのボロキレに研磨剤を少量つけ、キズよりも広い範囲を研磨します。背面板や台座に使われている、色板には使用できません。使用すると艶消し仕上がなくなり、色むらができてしまいます。
割れてしまったら
落としたり、ぶつけたりして、ケースが、ひび割れたり、欠けたりてした場合は、補修は難しいです。破片がのこっている場合、破片を接着することはできますが、もと通りにきれいにはできません。
上へ

サイト内検索

アクリルディスプレイケースについて
特注・オーダーメイドはこちら

透明堂ブログへ

アクリルケース・ディスプレイケースの透明堂フェイスブック

Facebookページ


透明堂は、ナグモプラ株式会社が運営・管理しています。
アクリルケース・ボックス・アクリルカバーのことなら
オーダーメイド・特注など何でもお気軽にお問い合わせください。

埼玉県越谷市東越谷3-2-24
TEL:048-965-3001 FAX:048-963-1271
お問い合わせはこちらまで