アクリルケースの【透明堂】ディスプレイケース・アクリルボックス・のオーダーメイド&販売

。レコードプレーヤーカバー・フィギュア・食玩・鉄道模型・ミニカーなどに

透明堂とは 会社概要 ご注文からお届けまで 免責事項 サイトマップ 
アクリルケース・アクリルカバーの透明堂/特注・イージーオーダーなど!
アクリルケースお買い物の前に
アクリルケース・ディスプレイケースのご購入
アクリルケース・アクリルカバーオーダーメイド
アクリルケース標準商品
大型サイズケース
オリジナル商品

壁の素材あれこれ壁への取付方法ワンポイントアドバイス免責事項
壁への取付方法:ビスでの取付け
取り付け方法について
step1〜step3、及びstep5〜step7は「壁掛フック」の取付け方法と同じです。

step4 。のみ、ビスの場合は
補助プレートの鍵穴状開口の下部分にある「くぼみ」にあわせて鉛筆でマークします。補助プレートを取り外し、マークした部分にビスを打ち込みます。

太さ4mmのナベ頭のビスを壁につけて、ディスプレイケースを取り付けることも可能です。
ただし、ビスだけでそのまま取付ができるのは、9mm以上の木壁だけです。石膏ボード壁・薄ベニヤ壁の場合、壁の裏に骨組のように入っている下地材部分に直接うちこめれば、ビスのみで取付ができますが、下地以外の位置にビスを打ち込む場合は、必ず補強パーツを使用して下さい。
コンクリート壁も、補強のパーツを使ってビスを打ち込みます。(そのまま打ち込めるビスもあるようです。)補強パーツには、様々な種類がありますので、購入時にお店の人によく聞いて下さい。
ここでは、比較的容易と思われる補強パーツを用いて簡単に解説いたします。

基本使用例:
ネジの首下から、壁までの距離が7〜10mmとなるようにビスを挿入してください。
上へ
厚さ9mm以上の木壁:
そのままドライバー等でタッピングビスをねじこんでいきます。
上へ
石膏ボード壁・薄ベニヤ壁の下地部分

木下地の場合:
木下地にビスを挿入する場合、そのままドライバー等でタッピングビスをねじこんでいきます


軽量鉄骨下地の場合:軽量鉄骨下地にビスを挿入する場合、ドリルにてビスよりも小さい径の下穴をあけ、そこにタッピングビスをネジこんでいきます。
上へ
石膏ボード壁・ベニヤ壁の下地が無い場所

石膏ボードやベニヤ壁の下地がない場所は、直接ビスをうっても抜けてしまうので、補強パーツを使って、タッピングビスをネジこみます。

補強パーツは様々な種類がありますので、購入時にお店の方に扱い方をお尋ね下さい。

図例は
http://www.koyokizai.co.jp/products/kabekko_dc.html
上へ
コンクリート壁

壁がコンクリートの場合、直接ビスがききませんので、コンクリートドリルにて下穴をあけ、カールプラグを挿入し、そこにタッピンビスをネジこんでいきます。
上へ

取付できない壁

土壁には対応しておりません。柱の木にタッピングビスにて取り付けることも可能ですが、水平調整につけてあるスペーサー部分の改造などが必要ですので、申し訳ございませんが床置きにてご使用下さい。
上へ

サイト内検索

アクリルディスプレイケースについて
特注・オーダーメイドはこちら

透明堂ブログへ

アクリルケース・ディスプレイケースの透明堂フェイスブック

Facebookページ


透明堂は、ナグモプラ株式会社が運営・管理しています。
アクリルケース・ボックス・アクリルカバーのことなら
オーダーメイド・特注など何でもお気軽にお問い合わせください。

埼玉県越谷市東越谷3-2-24
TEL:048-965-3001 FAX:048-963-1271
お問い合わせはこちらまで