アクリルケースの【透明堂】ディスプレイケース・アクリルボックス・のオーダーメイド&販売

。レコードプレーヤーカバー・フィギュア・食玩・鉄道模型・ミニカーなどに

透明堂とは 会社概要 ご注文からお届けまで 免責事項 サイトマップ 
アクリルケース・アクリルカバーの透明堂/特注・イージーオーダーなど!
アクリルケースお買い物の前に
アクリルケース・ディスプレイケースのご購入
アクリルケース・アクリルカバーオーダーメイド
アクリルケース標準商品
大型サイズケース
オリジナル商品
壁の素材あれこれ壁への取付方法ワンポイントアドバイス免責事項
壁への取付方法:付属の「壁掛フック」で取り付ける
壁掛け共用ディスプレイケース(ポスターフレームも含)は、付属の「壁掛フック」を使って、石膏ボード壁・ベニヤ壁・木壁に飾ることができます。また、ナベ頭のビスにも対応しておりますので、コンクリート壁や壁掛フックでの取付が困難な場合でも取付可能です。
※土壁には取り付けできませんのでご了承下さい。
※「壁掛フックの取付ができない壁」へは、ビスを取付ます。
 ビスによる取付方法はこちら

※マンション等の躯体壁には、穴をあけたり、ビス等をうつことを禁止していることが多いです。必ず、管理組合等に確認の上、自己責任にて取り付けを行ってください。

まずは、ディスプレイケースを吊下げる壁の素材が何か確認してください。各、ご家庭によって、壁の材質は異なります。「壁の素材あれこれ」を参考にして下さい。心配な場合は、お家を作ってくれた工務店さんや、不動産業者さんに確認するのが一番です。付属の吊下げ金具「Jフックミニ」は石膏ボード・ベニヤ・木壁のみ使用できます。


背面上部に「壁掛パーツ」がついています。ここに、壁に取り付けた「壁掛フック」を引っ掛けます。ケースの大きさと重量によって、1個付、2個付、3個付のものがあります。(ポスターフレームの場合、縦横共用で使用できるため、縦横それぞれの向きに「壁掛パーツ」が必要数ついています)

※補助プレートは、「壁掛フック」を正確な位置に取り付けする事を助けます。「壁掛フック」がはまる鍵穴状の開口部があいており、中央には中心 線が刻印されています。
※幅300mm以上のケースは、重量が5kg以下でも壁掛けパーツは2個付きとなります。
上へ
壁の中でディスプレイケース(ポスターフレーム)を取り付ける場所を決めたら、その上部中心位置に鉛筆でマークします。(マークする位置に紙テープなどを貼っておけば、壁紙を直接汚さなくてすみます。)

マークした位置に付属の「補助プレート」を中心線を合わせて、テープで仮留めします。
※プレートの上下にご注意ください。
※プレートの左右が水平となるようにしてください。この時に水平でないと、ケース(フレーム)を取り付けた際に、斜めになってしまいます。
上へ
※取付の前にワンポイントアドバイスをご覧ください
「補助プレート」にあいている鍵穴状の開口部に「壁掛フック」をはめ込み、取り付けます。
取り付けが終わりましたら「補助プレート」をゆっくりと壁から取り外してください。


※「壁掛フックの取付ができない壁」へは、ビスを取付ます。
 ビスによる取付方法はこちら
ビスの場合

補助プレートの鍵穴状開口の下部分にある「くぼみ」にあわせて鉛筆でマークします。補助プレートを取り外し、マークした部分にビスを打ち込みます。
上へ
壁掛パーツの耐荷重は1個につき5kgとなります。ケース(フレーム)の重量とあわせて耐荷重の範囲内で飾ってください。

飾る物が中で動かないように、しっかりと固定して下さい。(別売で、固定用ツールも販売しております)

飾る物が収納できましたら、カバーと台座をネジにて固定して下さい。
上へ
壁に取り付けた「壁掛フック」と、ケース(ポスターフレーム)に付いている「壁掛パーツ」を合わせて吊下げます。

きちんと掛かっていることを確認する為、上下左右と手前方向ゆっくりと動かしてみてください。また、上部&左右の隙間から目で見て確認して下さい。

上へ
地震や振動など予期せぬ原因で、取り付けた壁掛け金具やディスプレイケースが緩み、落下する可能性もありますので、定期的に、しっかりと取付られているか確認して下さい。
上へ

サイト内検索

アクリルディスプレイケースについて
特注・オーダーメイドはこちら

透明堂ブログへ

アクリルケース・ディスプレイケースの透明堂フェイスブック

Facebookページ



透明堂は、ナグモプラ株式会社が運営・管理しています。
アクリルケース・ボックス・アクリルカバーのことなら
オーダーメイド・特注など何でもお気軽にお問い合わせください。

埼玉県越谷市東越谷3-2-24
TEL:048-965-3001 FAX:048-963-1271
お問い合わせはこちらまで